21 August 2016

オリンピック




酒粕酵母をおこしてみる
娘のお昼寝中はだいたいルーティーンの家事をしているけれど
ときどきゆっくりできる日もある
これがまたいい時間

そんなとき
うちにはテレビがないので
以前はラジオをつけてなんとなあく情報収集をしていたんだけれど
このところうるさくなってきたので無音で過ごしている

だからオリンピックはきのう初めてみることができた
シンクロとかリレーとか、素晴らしかったなあ
スポーツって美しい
競技に対する純粋な誠意は神秘的で神々しい輝きをまとっていて
たとえルールがわからなくても、美しさに胸打たれ感動する

いいなあ、いいなあ!

中学生のとき体操をやっていた体操を思い出した
あたまとか、おなかとか、普段はどこかに偏りがちな「わたし」が
指先、爪の先までが均一に「わたし」になるんだよな
うたを歌うのとはまた違った気持ち良さがある
ぜったいに無理だけれどまた演技したいなあってときどき思う

あれれ
たまには音楽のことを書こうと思ったのに全然ちがう日記になったな
それはまた次回にしよう!



17 August 2016

二〇一六



母になって一年とちょっと
毎日がほんとうに愉快
子育ては大変といえば大変だけれど
ひとときも娘のことをかわいいと思えなかったときはないし
夫のことをうとましく感じたことも一度もない
とにかく時間がないので
うたは歌えないし、ギターも弾けない
起きたらご飯掃除洗濯、ご飯ご飯、お風呂寝る、それだけ。
それでも愉快だ幸せだと思える日々(...家族に、感謝!!)

それまで大事だと思っていたことがどうでもよくなったり
どうでもよかったことが大事に思えてきたり、その繰り返し
そう思うと、わたし、変わったかなあと思う

そんなわけで先日
2016年いまのわたしを撮っていただきました

小松原亜玲さん
旅猫油団などでもお世話になっているフォトグラファーです

亜玲さんの目はビー玉のように綺麗
いつもはふんわりおおらかで植物のような雰囲気なのに
写真を撮るときの目の奥には
チーターみたいな凛々しい何かがいるんだよなあ
それがいっつも不思議でたまらない
わたしはそれに照れてついニヤニヤしてしまう
ニヤニヤ、ムフムフ、、、
自分が写っている写真なのに照れくさくもなく、
わあ素敵だなあと、素直に見入ってしまう作品たち
どの写真もアレイマジックでとにかく素敵に撮っていただいて
どれにしようか迷って選べない
亜玲さん、ありがとう

この夏は夫とふたり、うたのアトリエも始めたことだし
ほんとうに細々々々とやっていた産後の演奏活動も
これから、少しずつでも、増やしていけたらと思います

今後とも「うたのもみ」と
これからは「うたのアトリエ 輪と和」も
どうぞよろしくお願いいたします




16 August 2016

田舎と都会



週末は家族3人になって初めての旅行でした
大変なのかなぁと気合を入れていたけど、そうでもなかった
長野の高原は空気がひんやりと澄んでいて気持ちが良く
高原からまちの花火大会を見降ろしました
夏到来!!

あまり計画をしていかなかったけれど
いく先々で出会った人たちにいいところを教えていただいてそこへいきました
当たり前といってしまえば当たり前なのかもしれないけれど
どこへいってもそこにはおいしいものや素敵なものがありました

わたしたち家族はいつもついてる!

打って変わって
きょうは久しぶりにひとりで都会にでました
数年前まで毎日のように歩いた場所なのに初めて歩くようなドキドキすら感じました

うーんって思うこともあるけれど
やっぱりわくわくする
好きだなぁ
どこかストレンジなシティー、東京

田舎でも都会でも
どこに住んでいても
わたしはわたしのいきいきした毎日を生きたいなと感じました

おい自分、きょうもいきいきしているかいって
毎日自分に問うてみようか